SEDNsとは?

正式名称は「Supporting Equipment's Development News」。
「セドンズ」・・・?「セヅンズ」・・・?好きなように発音してもらっていいです(;'∀')

障がい者は、体のどこかを不自由にし、誰かの助けの無しでは自力でできないことがあります。
例えば、聴覚障がい者である私の場合、筆談やPC通訳、NT(ノート)テイクなどのように、誰かに「文字起こししてもらって視覚情報を得ない」と、正確な「音声の」内容を拾うことができません。
つまり、「社会的自立」が難しいところがあるのです。

しかし、最近の技術発展は凄まじいものです。
そのため、どこか、新しい技術が私たち障がい者の「自立」をサポートしてくれる日がくるのではないのかと予感しています。
実際に、世界中でそういったサポート機器の開発・研究は行われています。

そこで、ネットサーフィンを趣味とする私が、「こういう技術があり、今後の期待があるよ!」、または「この技術をこう活用すればある障がい者を支えられるのではないか?」という考えをまとめ、少しでも障がい者の皆さんに発信するための場として、このページを設けました。

また、企業や開発者の皆さんにも、障がい者の声が届くように、参考になる活用方法が伝わるように、このページも改良を努めていく次第です。

記事一覧 [All]

最 新

記 事

北海道大学大学院の手話翻訳AIが進んでいる

VRChatで手話ができる!?

障害者対象市場における急展開

"障害者だからこそ"の働き方改革で福祉国家へ

話者も明確に!AR字幕表示が発表される

視覚障がい者の希望となるか?視力無関係のデバイス3種

映画の字幕サービスにスマートグラスが採用されるか?

読唇術を自動処理する技術もありました。

「手話の自動通訳」に使う手話認識技術とは。

音声認識技術への望み

最 古

記 事